グラブ式浚渫船 Back

グラブ式浚渫船は、港に出入りする船の航路や泊地の水深を保つための浚渫や、防波堤、岸壁の安定した基礎づくりのための床掘などに使用される浚渫船です。クレーンで吊下げられたグラブバケットで海底を掘削し、土砂を土運船に積み込む作業を行います。吊下げるロープの長さによって大水深に対応、クレーンの能力により大容量に対応できるため、浚渫作業船としては、最も多く活躍しています。小規模なもので4m程度、大規模のものは200mクラスのグラブバケットの容量をもつ船があります。
最新のプラグインをお使い下さい。