さる11月21日(金)、当協会主催の「うみの現場見学会」が開催されました。普段目にすることの少ない港湾工事の現場を実際に訪れ、最先端の港湾土木技術、スケール感を体験していただくこの見学会も10回目。今回は羽田空港再拡張事業の中心ともいえる「東京国際空港D滑走路建設外工事」の現場を見学していただきました。

[写真左]PCa床版の製作過程を見学 [写真中]組上げられたジャケットを見上げる [写真右]現場での作業に見入る
[写真左]設置されたジャケット [写真中]鋼管杭の巨大さにびっくり
国土交通省
東京空港整備事務所
青島 豊一
企画広報室長
 今回ご参加いただいたのは横浜市立鶴見工業高等学校の1年生、2年生の生徒さんたちと先生、約80名。「是非海上で展開される工事の迫力を体感していただきたい」という当協会津田映広報委員長の挨拶につづき、国土交通省東京空港整備事務所の青島豊一企画広報室長から再拡張事業の背景、工事内容について説明がありました。現在、羽田空港の離発着能力が既に限界に達していることから、新たに滑走路を建設する再拡張事業が急務となっています。その中核となるのが現在施工中の「羽田D滑走路」。この整備事業によって再拡張前、一時間あたり30便だった離発着能力は同40便に向上します。事業で採用されているのは「埋立・桟橋工法のハイブリッド構造」という方式です。空港島の全長は3,120m。そのうち2,020mを埋立て、続く1,100mを桟橋の構造で造成します。多摩川の河口部にかかるエリアを桟橋構造にすることで川の通水性を確保することができます。桟橋部は陸上で製作されたジャケットという鋼管で組上げられた構造物を、鋼管杭で海底に固定する工法によって建設されます。大きなテーブルを海上に敷き詰め、広大なステージを造っていくイメージです。今回の見学会ではそのジャケット製作の様子、そのジャケットを据付ける海上の現場を見学しました。
津田 映
広報委員長
 説明会の後、ジャケットの製作拠点となっている千葉県富津市と、据付け現場である羽田の沖合に向かいました。ジャケットの上面となるPCa床版を製作する富津の製造所は全国でも他に類を見ない高度な製造能力を誇っています。参加者は目の前で黙々と作業に集中する作業員の様子に熱い視線を向けていました。次に訪れたジャケット製作現場では広大な敷地に様々な制作過程にあるジャケットが何基も点在していました。この巨大なステージにやがて大型旅客機が次々と離着陸を繰り返すことになります。仮置きされている鋼管杭に手を触れ、その大きさに驚いている様子で、防食に関する質問などが寄せられました。羽田の桟橋からは見学船に乗船し沖合のD滑走路の建設現場へ。ジャケットを固定する鋼管杭を海底に打設、そこへ陸上で製作されたジャケットを曳航し、専用の起重機船で据付を行う工程について説明を受けました。
 学校に戻っての質疑応答の場では、「拡張工事で一番重要なポイントは?」「各地でジャケットを製作する理由」「D滑走路は船の航行に支障はないのか?」など技術的な質問に止まらず、作業員の日常生活に関する質問も寄せられるなど、土木を身近な事業として感じていただけた様子でした。
 東京湾で展開されている「羽田の沖展」は文字通り世紀をまたぐビッグプロジェクトです。想定した滑走路の耐久年数は100年以上。現在ここで作業に従事する技術者たちは数年後、数十年後にもこのプロジェクトに携わったことを誇りに思うことでしょう。

| うみの現場見学会トップへもどる |